芦屋セントマリアクリニック

内視鏡検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)大腸内視鏡検査(大腸カメラ) は、がんの早期発見・治療に有効な検査です。

胃がんや大腸がんなどを自覚症状がでていないような早期の状態で発見することができれば、高い確率でがんを治療することができます。
定期的に内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
内視鏡検査は、予約制となっております。まずは、お電話でお問い合せください。

当院の内視鏡検査の特長

これまでに多くの内視鏡検査を行い、医師の指導にもあたってきた内視鏡専門医が検査を行います。
安全に正確な検査・診断をいたします。

当院では高性能な内視鏡検査機器を導入することにより、精緻な画像で僅かな病変も映し出します。
早期にがんの発見ができれば、治癒できる可能性が高くなります。

内視鏡検査というと、苦しい・つらいというイメージがありますが、必要に応じて鎮静剤・鎮痛剤を使用することで、なるべく苦しくないように検査を受けていただけるように努めております。

内視鏡検査で良性のポリープが見つかった場合には、その場でポリープの切除を行うことができます。

胃内視鏡検査

胃がんによる死亡者数は減少傾向にありますが、がんの部位別死亡数では肺がん、大腸がんについで第3位で、20人に1人は胃がんで亡くなることになります。
しかし、早期がんの段階で発見できれば高い確率で治癒できる病気です。

健康診断で要再検査といわれた場合はもちろん、「胃の調子がおかしい」ときも、早めに検査を受けてください。必要に応じて鎮静剤を使って検査を行いますので、短時間で苦痛をほとんど感じないうちに検査を終わらせることができます。

  • 逆流性食道炎 胃食道逆流症
  • 急性胃炎、慢性胃炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 食道・胃・十二指腸ポリープ
  • 胃がん、食道がん、十二指腸がんなどの悪性腫瘍
  • ピロリ菌感染症 など

ピロリ菌の除菌について

ヘリコバクターピロリ菌の感染者の多くは、幼少期に感染し、ピロリ菌が発するアンモニアや毒素などにより炎症を起こします。
何年もかけて胃は慢性胃炎へ進行し、胃粘膜の防御機能が低下していき、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こす原因にもなる厄介な細菌です。

胃内視鏡検査で慢性胃炎などが確認された場合、胃の粘膜を一部採取してピロリ菌の有無を確認します。

検査でピロリ菌感染が確認できた場合は、お薬で除菌をすることができます。

大腸内視鏡検査

近年、大腸がんは日本人に急増してきている疾患の一つですが、早期がんの段階で発見できれば、高い確率で治癒できる疾患です。定期的な検診で、がんの芽であるポリープのうちに切除しておけば安心です。

必要に応じて鎮静剤、鎮痛剤を使って行いますので、短時間で苦痛をほとんど感じないうちに検査を終わらせることができます。

検査前には下剤で腸管内をきれいにする前処置が必要になります。当院にお越しいただいてから、リラックスしながら院内でご準備いただけます。(ご自宅で下剤を服用していただいても結構です。)

  • 大腸がん(結腸がん・直腸がん)
  • 大腸ポリープ・大腸腺腫
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患
  • 虚血性腸炎・大腸憩室・痔疾患 など
院内機器紹介

オリンパス社製 EVIS X1

最新鋭の高画質内視鏡システムを採用しています。

当院では、より詳細な検査を実施するため、世界的に圧倒的なシェアをもつオリンパス社の最新内視鏡システムと高精細内視鏡スコープを導入しました。

ハイビジョン機能とNBI機能(狭帯域光観察)を搭載し、圧倒的な高画質と大幅に強化された観察性能で診断の高精度化と検査の効率化が実現でき、小さな微細な病変を見つけることが可能です。

NBI( Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)

特殊な光によって癌の早期発見が可能です。

がん等の増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変近くの粘膜には、多くの小さな血管が集まりやすくなると考えられています。
従って、この小さな血管をいち早く発見することが、がん等の病変の早期発見には重要です。

「NBI」は、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された 2 つ の波長の光を照射することで、粘膜表層の毛細血管、粘膜微細模様が強 調表示される観察技術です。血管を高いコントラストで観察するために、 (1) 血液に強く吸収される、(2) 粘膜表層で強く反射・散乱される、という 特長を併せ持つ光の利用に着目し、粘膜表層の毛細血管観察用に青色の 狭帯域光(390 ~ 445nm)、そして深部の太い血管観察と粘膜表層の毛細 血管とのコントラスト強調用に緑色の狭帯域光(530 ~550nm)を使って います。 これにより、病変の早期発見に寄与することが期待されています。

経鼻内視鏡 OLYMPUS GIF-1200N

経口内視鏡と同等の高画質 / 苦痛の少ない内視鏡

世界で初めて新型CMOSイメージセンサーの搭載した経鼻内視鏡GIF-1200Nを導入しております。先端外径 5.4 ㎜の細さを維持しており、明るくノイズの少ないハイビジョン画質で観察することが可能です。
従来の経鼻内視鏡とは異なり、微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現し、高精度な検査・診断を行うことが可能です。

また柔らかい素材を採用しており、先端径5.4mmという細さと併せて、経鼻内視鏡挿入時の苦痛低減を図っています。

当院では鉛筆よりも細い経鼻内視鏡を導入しております。

経鼻内視鏡 OLYMPUS GIF-H290Z

1. 約80倍の光学拡大で詳細な観察をサポート

上部消化管用の「GIF-H290Z」は拡大倍率85倍の光学拡大観察が可能。微細な血管や粘膜の表層模様までリアルに再現し,詳細な観察・診断を行うことができます。

2. 従来比、約1mm減の細さで,患者さんへの負担軽減をサポート

上部消化管用内視鏡「GIF-H290Z」の先端外経は9.9mmとなり,従来機種の10.8mmと比較して約1ミリ細くなっております。これにより,患者さんの負担を軽減させることが可能です。

大腸内視鏡 OLYMPUS PCF-H290ZI

検査時の苦痛軽減をめざした機能

当院では、ハイビジョン画質と細径化を両立した細径拡大内視鏡を採用しております。
11.7㎜という細い先端に拡大機能を搭載したハイビジョン対応の高画質モデルです。
110倍の拡大倍率で微細な血管や粘膜模様まで観察可能です。
また患者様の負担を軽減する硬度可変機能や受動湾曲機能も搭載されております。

大腸は屈曲している部分が多く、内視鏡 の挿入時に患者さんの苦痛を伴うケース も多くみられました。 そこで、大腸の屈曲した箇所でもスムー ズな挿入をサポートできるよう、大腸の 壁に内視鏡が押し当てられただけで自然 に曲がる機能が登
場しました。

検査時間の短縮も期待されています

最新の大腸内視鏡は、高画質化に加え、170 度の広い視野角を実現していま す。より広範囲の観察ができるので、粘膜に隠れた病変部の発見をサポート します。また、術者の操作性向上を目指した、最先端の機能 ( 高伝達挿入部・ 硬度可変機能)も搭載しています。これらの機能により、検査時間の短縮も 期待されています。

術者の手の力をより 効率的に先端に伝えるための機能

内視鏡用炭酸ガス送気装置(UCR)

空気の影響で、「お腹の張り」や 「痛み」「違和感」などを伴うことがありますが、当院では胃腸から速やかに吸収される炭酸ガスを用いております。内視鏡検査後の腹部膨満感などの不快感を避け、安楽な内視鏡検査を実施します。
炭酸ガスは、空気に比べて腸管内で速やかに吸収される特性(空気のおよそ200倍)があります。つまり、腸内に長時間空気が残らないために、「お腹の張り」「痛み」「違和感」を和らげる効果につながっているのです。

TXI(構造色彩強調機能)TeXture and color enhancement Imaging

内視鏡検査ではわずかな色の違いや構造の違いを見つけることが重要になります。TXI は通常光 観察下での粘膜表面の情報に基づき、3つの要素「明るさ補正」「テクスチャー強調」「色調強調」 を最適化する画像技術です。TXI を活用することにより通常光観察では見にくい画像上のわずかな 色調や構造の変化が強調されて視認しやすくなります。スクリーニング検査時における病変部などの 観察性能向上に貢献することが期待されます